長岡京でリフォーム・リノベーション、新築なら京都・長岡京市でリフォームを行う【はまぐち工務店】へ

長岡京でリフォームのご依頼なら【はまぐち工務店】へ

介護リフォーム
はまぐち工務店の無垢材販売
はまぐち工務店の骨董品コレクション

はまぐち工務店

長岡京市河陽が丘2丁目16-13
TEL 075-951-9999
hamaguchi@aqua.plala.or.jp

介護リフォーム スタッフ募集中

主に介護リフォームの担当を募集しております。手摺の取付や敷居の撤去といった比較的軽作業の出来る方を求めております。

また事前に現場へ下見に行き、下地の有無や見積の作成、役所申請用の図面の作成もかねて出来る方、優遇採用いたします!

詳しくはメールまたはお電話で、お待ちしております。

モニター募集中

はまぐち工務店では、新築・改築・リノベーションにかかわらず、モニター様を募集いたしております。ご承諾いただき、ご成約頂いた方はもれなく『モニター様特別割引』をさせていただきます。

詳しくは担当までお問い合わせください。ご連絡お待ちいたしております!

長岡京でリフォームを依頼するなら

長岡京リフォーム増築の依頼を検討しているなら、工務店【はまぐち工務店】をご利用ください。一級建築士が在籍しており、住宅・マンション・アパート・事務所・テナントなど幅広く対応可能です。

設計から施工まで一貫して対応しているため、工程ごとに業者へ依頼する必要がありません。リフォームにかかる費用を抑えたい、工期を短縮したいという方はぜひ【はまぐち工務店】へご相談ください。屋根の修理や介護の場面で必要なバリアフリー工事のご依頼も承っております。

長岡京でリフォームを行う【はまぐち工務店】の新着情報

2017.09.11
「リフォーム物件」に「こんなこともやってます その6 波板張替え工事」を追加しました。
2016.01.28
「はまぐち工務店のよもやま話“京町屋 ”」を追加しました。
2015.12.22
「はまぐち工務店のよもやま話“雪駄”」を追加しました。
2015.11.24
「はまぐち工務店のよもやま話“建前”」を追加しました。
2015.09.29
「はまぐち工務店のよもやま話“はしご”」を追加しました。
2015.08.25
「はまぐち工務店のよもやま話“縄張り”」を追加しました。
2015.07.18
「無垢材販売」を更新しました。
→過去の新着情報

「国土交通省」の省エネ住宅ポイント

連載してきました「国土交通省」の省エネ住宅ポイントですが、
平成28年1月をもちまして受付終了となりました。
今のところ今後の進展は未定です。
かなり好評でしたので、何らかの処置はあるものと信じておりますので、
何か情報が入りましたらまた掲載して参ります。
引き続き弊社HPをご覧くださいませ。


詳しくは弊社までお問い合わせいただくか、国土交通省ホームページをご覧ください。

長岡京でリフォーム・リノベーション、新築の工事などに関することならお気軽にご相談ください。 | はまぐち工務店のよもやま話

京町屋

長岡京でリフォーム・リノベーション、新築の工事などのご相談ならお任せください! | 雪駄

一般的に京都に建てられた町屋のことを称して「京町屋」と言いますが、職住一体型の住居形式で、建築様式としては本来町家造りと言います。「きょうまちや」と読む場合は京町屋とも記され、店舗としてみるなら京町屋、住居としてみるなら京町家と区別しているようです。

江戸時代中葉には現在残る形に近いものとなったとされています。外観は、紅殻格子(べんがらこうし)と呼ばれる色の濃い格子、虫籠(むしこ)窓、犬矢来(いぬやらい)などが特徴的で2階建てが多いのですが、平屋や3階建てもあります。

町家の立地する敷地は、間口が狭く奥行きが深いため、「うなぎの寝床」と呼ばれ、これは三間(約5.4m)の間口を一軒役として課税する豊臣秀吉の税制に反発した形状であるという説がある一方、街路に都市住宅、とくに併用住宅が建ち並ぶ際には古今東西でこのような細長い敷地の町並みが成立しており、京都に限らず各地においてもその形状が課税のせいだとする俗説があるほど。

京都市の定義で「1950年以前に伝統的木造軸組構法で建てられた木造家屋」とされる現在残存する京町家は、1864年の禁門の変ののちに発生した大火(どんどん焼け)以降に建てられたものがほとんどです。1998年に行われた市の調査によると、市中心部(上京、中京、下京、東山区)で約28000軒が確認され、市内全域で推計5万軒残っているとされていました。しかし2010年8月、京都市が市内全域を対象に京町家の実態調査を行った結果、47735軒残存しているが、うち10.5%が空き家であるということが判明。江戸時代の京町家は全体の2%、明治時代のものでは14%ありましたが、中京区などの都心部では、1996年に行った調査に比べ約2割も減少していることも判明。

原因としては建物の老朽化や住人の高齢化が主な理由とみて、市は調査結果をデータベース化して保存・再生の仕組みや政策づくりに反映させるといっています。京町家に住む所有者の多くが高齢者の方々です。高齢者(65歳以上)だけの世帯は35%を超え、その子供たちは別の場所に移り住んでいることが多いのが現状です。そのため相続が発生した際に、次世代に現状のまま引き渡すことができるかが課題となっており、所有者の36%が「できる限り残したい」との思いを持つ一方で、相続税の負担や維持改修費用などが大きな問題点となっています。

2016.1.28

→過去のよもやま話
長岡京でリノベーションに関することならお任せください。 | リノベーション写真

長岡京でリノベーションに関することならお任せください。 | リノベーション物件紹介

リノベーションとは、通常のリフォーム工事とは異なり、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり価値感を高めたりすることです。

時代の流れにともない、現代のニーズに合わなくなった機能や性能を建て替えず、時代の変化にあわせて機能・性能を新築時以上に向上させることを言います。

→リノベーション物件紹介
長岡京でリフォームのことならお気軽にご相談ください。 | リフォーム物件写真

長岡京でリフォームのことならお気軽にご相談ください。 | リフォーム物件紹介

新築した当時は(これが終の棲家)とみなさん思ってご自宅を建築(またはご購入)されているのでないでしょうか?

それはもちろん当然のこと!しかし、お子様が独立を果たされ、親御さんは年を追うごとにちょっとした段差や階段の昇降が辛くなるのはある意味自然の摂理なのです。

そうしたことは誰もが直面する問題であり、決して1人で悩み、我慢するものでは無いと考えます。

せっかくの憩いの我が家、終の棲家であるがゆえ、これかも快適な生活空間を送るために弊社では豊富な施工実績により、より良いプランをご提案させていただきます。

新築同様、特にアレルギー体質の方などはご相談ください。

→リフォーム物件紹介
長岡京で新築のご相談ならお任せください。 | 新築物件写真

長岡京で新築のご相談ならお任せください。 | 新築物件紹介

弊社では『無垢材』を極力活用した建築をモットーにしております。 新材、古材にかかわらず『無垢材』は伐採したのちも生き続け、私たちの住む日本風土に適した調湿効果があります。またそれ自体が断熱効果にもすぐれ、四季を通じて快適な生活空間を演出してくれます。

それと相まって塗り壁と併用しますと初期費用は若干高くなりますが、ランニングコストはほとんど掛からず、効果も倍増いたします。特にアレルギー体質の方などはご相談ください。

→新築物件紹介

長岡京でリフォーム・リノベーション、新築ならお任せ!
リフォームは長岡京の【はまぐち工務店】まで

名称 はまぐち工務店 一級建築士事務所
所在地 〒617-0852 長岡京市河陽が丘2丁目16-13
TEL (075)951-9999
概要 長岡京でリフォーム・リノベーション、新築に関するご相談なら、京都の工務店【はまぐち工務店】にお任せください。店舗改装や介護保険を対象としたリフォームにも対応しております。 京都・長岡京市にある当社では、京町屋のリフォームも得意としております。 また、介護リフォームは勿論、スケルトン工事や屋根の葺き替え、柱の差し替えなど、 リフォームの実績も幅広くございますので、住まいに関することならまずはご相談ください。 一般住宅のリフォームから、店舗のリフォームまで、長岡京でリフォームを行う当社をご利用ください。
URL http://www.hamaguchi-ko.com